MEC Found専門(後期)研修病院サーチ

お電話での問合せ月-金 10:00-17:00

03-3292-3896

07月15日

武蔵村山病院

  • 総合診療科

ムサシムラヤマビョウイン

病院画像1 病院画像2
病院区分 市中病院
住所 東京都武蔵村山市榎1-1-5
最寄駅 玉川上水駅
募集人数 2名
病床数 300床
当科常勤人数 5名
当科給与3年分 3年目 630万円
4年目 700万円
5年目 800万円
当科当直回数 5回/月
備考 当直は基本的に週1回+週末月1回です。外科系・内科系
小児科系・産科系の4科当直体制で内科系担当です。
URL 募集科情報

『診療科の自慢 ~プログラムの特徴~』

3つの異なる医療圏(東京都郊外、北海道僻地、西伊豆僻地)にて総合診療研修を行う4年プログラムです。総合診療II、内科研修は地域基幹病院での研修で、症例は多彩・多数で勉強になります。

『診療科の自慢 ~医局(員)の特徴~』

研修先はどこも学閥はありません。総合診療医もしくは内科/小児科/救急科としての経験が深く、教育熱心なスタッフがそろっています。

『診療科の自慢 ~オフの特徴~』

週1回の研究日あり、前述のごとく当直以外の日、祝日は休みです。On callはなく、休日中に病院から呼び出されることはありません。北海道の研修では、新千歳空港から1時間で週末帰京可能。

Q.1:後期研修中の当直体制について教えてください。

武蔵村山病院での当直では月5回(週1回+日曜日1回)、東大和病院では月3-4回、その他の施設では概ね月3-4回です。

Q.2:後期研修中の外来での指導体制やフォロー体制を教えてください。

研修1,2,4年目では、週1回の総合内科外来を継続しておこなっていきます。これは、長期にわたる同一患者さんの外来診療を経験するためのものです。外来1コマあたり10人程度の患者さんを診療していきます。同一時間内に指導医がおり、診療前・後の指導がきめ細かく入ります。

Q.3:指導医の指導方法について教えてください。

1年目の武蔵村山病院総合診療研修IIでの指導が、最も重要と考えます。ここでは20-30名の入院患者を受け持ち、入院から退院まで主体的に診療します。朝晩のチャートカンファレンスにて全例のチェックを行い、common diseaseについてて徹底的に学んでいきます。外来・救急対応についても学んでいきますが、指導医とマンツーマンです。

Q.4:他の病院(科)より優れていると思う点を教えてください。

総合診療医として圧倒的な症例数を経験できること(1年目年間400症例程度)。
どの研修施設もactiveな救急診療をおこなっており、救急症例が豊富であること。
様々な医療事情を有する診療圏での研修であること。

Q.5:『この人は面白い!魅力的だ!素敵だ!』と思う人と、その理由を教えてください。

医師50名それぞれ個性的です。

Q.7:学閥があれば教えてください。なければ医局員の出身大学を教えてください。

総合診療医が属する内科の学閥はありません。内科の出身大学は、北海道大学、愛知医科大学、名古屋大学、旭川大学、埼玉医科大学、北里大学、金沢医科大学、大阪医科大学、東邦大学などです。

Q.8:どのような後期研修医に来てほしいですか。

①人間が大好きなひと
②新しいことに挑戦するのをあまり苦にしないひと
③自分の考えを持っている人

Q.9:コメディカルとの関係を教えてください。

毎週1回の内科カンファレンスには、医師のほか病棟看護師、退院調整看護師、Medical Case Worker、薬剤師、栄養士、医事課事務が参加します。普段からコメディカル・スタッフがいて、壁のない良好な関係があります。病棟の面々は若く・明るくてとても働きやすいです。

Q.10:住む環境やグルメ等について教えてください。

山梨の山々が遠望でき、富士山もきれいです。病院の隣は、180店舗、映画館(12スクリーン)を有する巨大なイオンモールがあり大変便利です。最寄り駅の一つ立川駅北口では再開発が進み、2020年春には、3500席の大ホール、大型商業施設、温泉などを有する巨大施設も開設予定です。

Q.11:イベント(飲み会)についてどのタイミングでどのようなイベント(飲み会)があるのかを教えてください。

初期研修医のローテート時期には1ヶ月1回は飲み会を行っています。病棟の飲み会も40-50人の参加者があり、楽しめます。

Q.12:女性医師にとって働きやすい環境だと思う箇所を教えてください。

女性医師が全医師の38%と多く、出産・育児休職制度、院内保育所完備、育児休業後の復職制度などが充実しています。女性医師の多くは実際にその制度を活用して、2人目、3人目のお子様を育てています。

ページの先頭へ