05月06日

岐阜勤労者医療協会みどり病院

  • 総合診療科

ミドリビョウイン

病院画像1 病院画像2
病院区分 市中病院
住所 岐阜県岐阜市北山1-14-24
最寄駅 JR岐阜駅
募集人数 2名
病床数 99床
当科常勤人数 17名
当科給与3年分 3年目 687万円
4年目 713万円
5年目 769万円
当科当直回数 3~4回/月
備考 一般急性病床37床 地域包括ケア病床18床
回復期リハビリテーション病棟44床
日当直手当、待機、呼び出し手当等あり
募集科URL 募集科情報1

『診療科の自慢 ~プログラムの特徴~』

法人創設50年を超え、一貫して地域医療にこだわってきました。その風土はプログラムにも反映されており、地域や地域住民に入り込んだ、総合診療医や家庭医が育ちやすい環境となっています。

『診療科の自慢 ~医局(員)の特徴~』

医局がひとつのため、科や専門を超えて、気になることはすぐに聞くことができます。女性医師や子育て世代の医師も多く、働きやすい環境をお互い補いながら作っていける医局です。

『診療科の自慢 ~オフの特徴~』

カルテ記載や申し送りをしっかりしていれば職場から出れば完全フリーになります。まとめてお休みを取ることも可能です。ワーク・ライフバランスがよい職場です。

Q:「取得可能な専門医」「サブスペシャリティ」について教えてください。

当院では、「総合診療専門医」・「家庭医療専門医」が取得できます。

Q:当直/オンコールは「平均的にどの程度の忙しさになるか」、「当直代やその他手当等あれば」教えてください。

当直は、1人の医師で外来(救急)、病棟の対応を行います。一晩で0名~数名の患者数です。頻度は月に3~4回の予定です。翌日のデューティーはありません。
当直代は別途当直手当をお支払いします。

Q:後期研修中の「外来での指導体制」「フォロー体制」を教えてください。

1人の後期研修医に対し、担当の指導医を配置しています。不安な時は、気軽に相談できます。また、どの先輩医師にも相談できる雰囲気がありますので、安心です。外来診察後、指導医とカルテチェックを行います。

Q:「指導医の指導方法」について教えてください。

指導医と研修医との対話を基本とします。症例に対しては指導医とだけではなく、集団で検討できる場もあり、研修医の役割もその場にはあります。

Q:「他の病院(科)より優れていると思う点」「強い症例」を教えてください。

最先端でなく最前線での医療を行っています。この患者さんは帰宅可か不可か、当院での入院でよいか、搬送か、などの判断する眼を養うことができます。医局が一つなので、科や専門をまたいだ相談が気軽にできます。

Q:「この人は面白い!魅力的だ!素敵だ!」と思う人と、その理由を教えてください。

優しくてちょっと抜けている院長と、面倒見がよくしっかり者の副院長を中心に17名の医師たちが元気に働いています。みなさん素敵ですよ。

Q:「女性医師にとって働きやすい環境」だと思う箇所を教えてください。

女性に限らず、全ての職員にライフワークがあることが前提です。その時その時の状況で、生活の優先順位が変わる場合は、出勤日数、出勤時間等相談できます。

Q:「アルバイト(外勤)」について教えてください。

アルバイトは、基本的には不可としています。

Q:「学閥の有無」「過去の採用実績」「医局員の出身大学」を教えてください。

学閥はありません。医局人事等もありません。(出身大学:岐阜大、香川大、福井大、愛媛大、名古屋大、秋田大、愛知医科大、岩手医科大、など)

Q:イベント(飲み会)について「どのタイミング」で「どのようなイベント(飲み会)」があるのかを教えてください。

新入職員歓迎会、納涼会、忘年会が病院としてあります。その他病棟や医局懇親会等があります。

Q:「1週間の勤務日数」「何時くらいまで勤務」しているか教えてください。

勤務日数は週5日です。帰りは19時までには帰院しています。休日や夜間等は、電話対応や来院での対応がある場合があります。

Q:「土日、休日、研究日」について教えてください。

週1回の夜診療、月1回程度の土曜日外来や日曜日日直があります。

Q:「寮の有無」「住環境」「住居エリアの指定有無」などの住居に関する情報を教えてください。

当院での借り上げ物件や寮はなく、引っ越し時の補助、月々の家賃補助があります。病院周辺には、スーパー、コンビニ、飲食店等多く生活には困りません。通勤時間が30分以内の地域での居住をお願いしています。

Q:「見学に適した推薦曜日とその理由」また、「見学時にここを絶対見た方がいい場所や人」を教えてください。

毎週木曜日が、病棟での内科cf、指導医との回診等あり、指導医、研修医が時間を空けている曜日となりますのでお勧めです。指導医やコメディカルの研修医とのかかわりをぜひ見ていただきたいです。

Q:どのような後期研修医に来てほしいですか。

「地域医療、総合診療、家庭医、プライマリーなど」これらの医療・文言に興味のある方はぜひお越しください。初期研修後すぐ専門研修に進むことが不安、専門研修に進まず考える1年にしたい、という方も待ってます。

Q:学会費・出張などの福利厚生について、教えてください。

2学会まで学会費用を病院が負担します。研修費として、学会参加費、交通費、宿泊費などを病院が負担します。(上限有)

Q:後期研修に進むことが不安ですが、進まないという選択肢はありますか。

初期研修後、専門研修に進まず内科中心に経験を積む期間もお勧めしています。1年間内科の経験を積みながら自分の専門を考えることも可能です。

お電話での問合せ月-金 10:00-17:00

03-3292-3896

ページの先頭へ