04月13日

東京都立多摩総合医療センター

  • 整形外科

タマソウゴウイリョウセンター

病院画像1 病院画像2
病院区分 市中病院
住所 東京都府中市武蔵台2-8-29
最寄駅 JR西国分寺駅
募集人数 5名
病床数 66床
当科常勤人数 17名
当科給与3年分 3年目 744万円
4年目 768万円
5年目 768万円
当科当直回数 4回/月
備考 1. 募集人数はシーリング(人数制限)がかかることがあります。
2. 医師数には院長・副院長およびリウマチ外科・リハビリテーション科の医師を含んでいます。
募集科URL 募集科情報1

『診療科の自慢 ~プログラムの特徴~』

当院を基幹とする「都立多摩総合医療センター施設群整形外科・東京医師アカデミー専門研修プログラム」では所定の症例を十分に経験できます。ローテーションには一定の制約がありますが専攻医の希望に配慮します。

『診療科の自慢 ~医局(員)の特徴~』

診療や研究に対して意欲を持つ集団です。

『診療科の自慢 ~オフの特徴~』

完全主治医制ではありません。オフの医師が休めるよう互いにカバーし合います。

Q:「取得可能な専門医」「サブスペシャリティ」について教えてください。

「外傷」、「脊椎」、「股関節」、「膝関節・スポーツ」、「手の外科」、「リウマチ・肩関節・足の外科」、「脚延長・変形矯正・リハビリテーション」の、7つのサブスペシャリティチームが連携して診療しています。

Q:当直/オンコールは「平均的にどの程度の忙しさになるか」、「当直代やその他手当等あれば」教えてください。

当直は週1回です。夜間も救急対応があいますが、一睡もできないほど忙しいことは稀です。

Q:後期研修中の「外来での指導体制」「フォロー体制」を教えてください。

卒業年次にもよりますが、原則として外来を1コマ持ちます。上級医への相談は随時可能であるほか、毎週のカンファランスで初診のレビューをしています。

Q:「指導医の指導方法」について教えてください。

楽しい雰囲気ですが、相手は患者さんですので、妥協はありません。手術は必ず指導医と行い、症例の難易度や専攻医の習熟度に応じて執刀して頂きます。

Q:「他の病院(科)より優れていると思う点」「強い症例」を教えてください。

多摩地区には都心ほど病院がないため、多くの患者さんが来院されます。症例は豊富です。指導医は、市中病院にしてはかなり広くの領域をカバーしています。院内各科の士気も高く、コンサルテーションは円滑です。

Q:「この人は面白い!魅力的だ!素敵だ!」と思う人と、その理由を教えてください。

院長・副院長も整形外科医です。

Q:「女性医師にとって働きやすい環境」だと思う箇所を教えてください。

整形外科である以上は体力的に楽な仕事ではありませんが、体調やご家庭の事情等に配慮し、できる限りの勤務調整を実施した実績があります。採用にあたり性別は無関係で、人物を重視します。

Q:「アルバイト(外勤)」について教えてください。

制度上は週1回可能です。

Q:「学閥の有無」「過去の採用実績」「医局員の出身大学」を教えてください。

東京大学の関連病院であり、指導医は1名を除き医局員です。排他的な雰囲気は皆無です。

Q:イベント(飲み会)について「どのタイミング」で「どのようなイベント(飲み会)」があるのかを教えてください。

パンデミック以前は、歓送迎会を中心に定期的な親睦会がありました。

Q:「1週間の勤務日数」「何時くらいまで勤務」しているか教えてください。

原則週5日勤務(当直も1勤務とカウント)です。早ければ18時台に帰れますが、緊急対応で遅くなることもあります。平均すると20時前後でしょうか。

Q:「土日、休日、研究日」について教えてください。

土日祝日にも交代制で当直があります。制度上は週に1回勤務しない日を設けることができます。

Q:「寮の有無」「住環境」「住居エリアの指定有無」などの住居に関する情報を教えてください。

独身寮・家族寮がありますが、数に限りがあります。居住エリアに指定はありませんが、近い方がよいでしょう。なお、都立病院のシニアレジデントには、災害時に診療に協力する義務があります。

Q:「見学に適した推薦曜日とその理由」また、「見学時にここを絶対見た方がいい場所や人」を教えてください。

手術の多い月・水・金をお勧めします。部長がご案内します。

Q:どのような後期研修医に来てほしいですか。

1)患者さんを第一に考えることができる
2)主体的に考えて行動できる
3)困難に打ち勝つ意欲と寛容さを持つ
忙しい病院ですので心してお越し下さい。見学を歓迎致します。

お電話での問合せ月-金 10:00-17:00

03-3292-3896

ページの先頭へ