MEC Found専門(後期)研修病院サーチ

お電話での問合せ月-金 10:00-17:00

03-3292-3896

10月14日

災害医療センター

  • 内科

サイガイイリョウセンター

病院画像1 病院画像2
病院区分 市中病院
住所 東京都立川市緑町3256
最寄駅 JR立川駅
募集人数 3名
病床数 455床
当科常勤人数 141名
当科給与3年分 3年目 560万円
4年目 560万円
5年目 560万円
当科当直回数 3回/月
URL 募集科情報

『診療科の自慢 ~プログラムの特徴~』

基本的には、各専門内科をローテーションする形で満遍なく症例を経験してもらいます。専門指向の強い方は、サブスペ研修2年タイプを選んでいただく事になります。専門研修2年目の1年間を、関連病院で研修してもらいます。

『診療科の自慢 ~医局(員)の特徴~』

2017年現在、常勤内科医40名、そのうち女性医師11名(子育て中で当直免除2名)。内科指導医は19名となります。循環器内科と神経内科が東京医科歯科大学の医局に属していて、呼吸器内科と腎臓内科のスタッフの一部に大学からの派遣がいますが、それ以外は大学とは無関係に当院の医師として就職しています。

『診療科の自慢 ~オフの特徴~』

夏期休暇は3日間ですが、年休を使用して5日の休み(前後の土日をあわせて9日間)を取ることが多いです。各科によって微妙に休暇所得が異なります。病棟単位での歓送迎会はありますが必須参加ではなく、病院としての休日イベントはありません。学会参加は年1回分は交通費と宿泊費補助が出ます。(自費での参加に制限はありません)

Q.1:後期研修中の当直体制について教えてください。

内科当直として月3回程度当直業務にあたってもらう予定です。研修医1名と組んでの当直となります。
内科当直以外に、救命当直、外科当直、循環器当直がいます。内科当直は、walk inの内科一次救急患者を対応します。2次・3次救急は救命当直が対応します。
循環器を志望した場合に、循環器サブスペ期間中は循環器当直に入ることになります。

Q.2:後期研修中の外来での指導体制やフォロー体制を教えてください。

各内科によって異なる可能性がありますが、5年目に自分の専攻するサブスペの外来を受け持つことにする予定です。指導は、その科の上級医が適宜バックアップする形を考えています。

Q.3:指導医の指導方法について教えてください。

専攻医が適切な診療が出来ているとの判断になれば、専攻医に主体的に検査や治療計画を立ててもらって適宜アドバイスや修正を行う方式をとりますし、専攻医が不慣れな領域については指導医が教える形での診療を行うことになるはずですので、画一的にどう指導するというのを前もって説明するのは困難です。

Q.4:他の病院(科)より優れていると思う点を教えてください。

専攻医の受け入れ上限を5名としていますので、各専攻医の希望を取り入れた研修プログラム(初期研修で十分な研修を行った科はローテートしないなど)を組むことが可能です。受け入れ人数が少なくしていますが、感染症とアレルギー以外の各サブスペ専門医・指導医が在籍しており、各科で専門医になれる研修が可能です。がん診療連携拠点病院にも認定されており、各種癌の診療経験も豊富です。

Q.7:学閥があれば教えてください。なければ医局員の出身大学を教えてください。

循環器内科と神経内科は東京医科歯科大学の医局に所属しています。呼吸器内科は杏林大学からの派遣が、腎臓内科には東京医科歯科大学からの派遣が在籍しています。その他内科は学閥はありません。スタッフ数が多く、出身大学も様々で、2,3の大学で占められて居るわけではないので全て記載は困難です。

Q.8:どのような後期研修医に来てほしいですか。

救急病院で急性期治療を学ぶことで臨床医として豊富な経験と優れた知識を得たいと考えている人、さらには研修終了後にスタッフとして残りたいと考えている人は是非とも来て頂きたいです。(研修終了後に大学で研究したいなど目標がはっきりしている人も望ましいですし、大学院に進むことを考えている人をお断りすることもありません)

Q.9:コメディカルとの関係を教えてください。

問題ありません。この回答を書いている者は複数の病院で勤務経験がありますが、特筆するような特殊性はないです。見学に来て頂ければ分かると思います。

Q.12:女性医師にとって働きやすい環境だと思う箇所を教えてください。

膠原病内科の医長は、お子さんも居る女性医師です。他にも、子供を育てながら働いている常勤女性医師が複数おります。出産子育て時期の勤務についての対策はほぼ全ての病院であるはずですが、実際にその制度を活用して働いている医師が居るというのは、将来のロールモデルが身近にいることになりますので良い環境だと思います。

ページの先頭へ