MEC Found専門(後期)研修病院サーチ

お電話での問合せ月-金 10:00-17:00

03-3292-3896

08月26日

市立東大阪医療センター

  • 内科

シリツヒガシオオサカイリョウセンター

病院画像1 病院画像2
病院区分 市中病院
住所 大阪府東大阪市西岩田3-4-5
最寄駅 近鉄奈良線 八戸ノ里駅
募集人数 6名
病床数 547床
当科常勤人数 126名
当科給与3年分 3年目 560万円
4年目 620万円
5年目 700万円
当科当直回数 2-3回/月
備考 当直・時間外手当を含めた年収は,3年目800万,4年目900万,
5年目1000万円。
URL 募集科情報

『診療科の自慢 ~プログラムの特徴~』

当センターを基幹施設とし、9つの病院(大阪大学医学部附属病院、八尾市立病院、大阪はびきの医療センター、大阪急性期・総合医療センター、大阪国際がんセンター、大手前病院、一般財団法人大阪府結核予防会大阪病院、国立病院機構刀根山病院、独立行政法人地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター)という大阪府下でも特徴のある病院を連携施設として病院群を形成し、3(~4年)の内科専攻(subspecialtyを含む)を行います。
中河内地区で2つしかない内科教育病院として長年専攻医の教育を担ってきた当センターで、魅力ある連携施設とともに、中河内地域に根差し、充分な症例を経験できる、当センターでの専攻をぜひお考えください。

『診療科の自慢 ~医局(員)の特徴~』

内科系は全科大阪大学の関連施設ですが,他科では奈良医大医局からも多くの医師が派遣されており,さまざまな大学出身者が仲良く診療に従事しています。また全員が同じ大きな部屋に机があるため,科を越えた相談がスムーズに行うことができます。

『診療科の自慢 ~オフの特徴~』

オフをきっちりとることは,裏を返せばオン時の過重労働にもつながりかねず,そのバランスはなかなか頭の痛い問題です。専門医を目指す専攻医の充実した研修に支障のない範囲で,まさに今,”働き方改革”に基づいた,ワークバランス,ワークシェアに取り組んでいるところです。

Q.1:後期研修中の当直体制について教えてください。

働き方改革の観点から,当直体制を見直しているところですが,現体制では月2回(半日)の救急外来当直があります。1年目の臨床研修医1名と救急外来にあたりますが,入院になると上級医の病棟当直医に任せることになります。また,消化器内科,循環器内科,神経内科,腎臓内科はオンコールがあり,迷った時には相談ができます。当直明けは業務に支障がなければオフとなります。

Q.2:後期研修中の外来での指導体制やフォロー体制を教えてください。

ローテート各科によって異なります。例えば総合診療科では,総合診療科外来を指導医とマンツーマンで行うことになりますし,日中の救急では救急科の指導医が目を光らせています。

Q.3:指導医の指導方法について教えてください。

手とり足とりではなく,指導医が大きな道筋を示して,その中で専攻医が自分で考えて診療にあたれるようにしたいと思っています。また学会発表や論文発表も積極的に支援していきます(学会発表の旅費等はすべて病院で負担します)。

Q.4:他の病院(科)より優れていると思う点を教えてください。

地域の基幹病院として責任があり,三次救命救急センターの指定管理も行っていることから,common diseaseから三次救急までの救急患者に多く携わることができること,また,他院では弱いと思われる,神経内科,腎臓内科,総合診療科,免疫内科にスタッフがそろっている点が優れていると思っています。

Q.5:『この人は面白い!魅力的だ!素敵だ!』と思う人と、その理由を教えてください。

辻井正彦院長。とにかく話が面白いです,よしもとに行けばよかったのにと思うぐらいです.ぜひ一度会ってみてください。

Q.6:医局長を芸能人に例えるとどんな人ですか。

自分ではジュード・ロウと思ってますが,似てるのは髪だけかも・・・

Q.7:学閥があれば教えてください。なければ医局員の出身大学を教えてください。

医局は大阪大学ですが,出身大学は様々です。

Q.8:どのような後期研修医に来てほしいですか。

真摯に研修に取り組むひと,誠実なひと,患者の話を聞くひと・・ですね。

Q.9:コメディカルとの関係を教えてください。

コメディカルも地域の基幹病院の責任があることを十分理解してくれており,いろんな要望に対して協力してくれています。

Q.10:住む環境やグルメ等について教えてください。

近鉄奈良線沿線に住むひとが多いですが,沿線の鶴橋は焼肉で有名です(駅のホームですでにいい香りがします)し,奈良へもすぐです。また”ラグビーの聖地”と言われる花園ラグビー場は当センターから3㎞のところにあり,2019年にラグビーワールドカップが行われます。

Q.11:イベント(飲み会)についてどのタイミングでどのようなイベント(飲み会)があるのかを教えてください。

各科で歓送迎会を行っています。年間行事としては,花見,納涼会,忘年会,新年会などがあります。

Q.12:女性医師にとって働きやすい環境だと思う箇所を教えてください。

ママさん医師がたくさん働いていて,当院で専攻を始めてから,これまでに仕事を続けながら3人のお子さんに恵まれた方など,枚挙にいとまがありません。院内保育所,病児保育も可能なところが優れています。

Q.13:東大阪は大阪の中心地から遠くありませんか。

確かに電車では少し不便ですが,研究会で大阪市内に行くのは,車なら渋滞もほとんどなく,20分程度で到着できて,大阪府下の大阪環状線外の地区の中では交通の便は優れている場所です。

Q.14:忙しくありませんか。

専門医を目指すのであれば,それなりに忙しいのは当たり前ですが,当センターは当直時間も含めて時間外労働を720時間に収めることを責務と考えて時間外労働の短縮に取り組んでいます。

ページの先頭へ